髪の毛は非常に細くて柔らかく、誤魔化すための毛量もないため、いつも言うことを聞いてくれずに困っています。

普段はさらさらタイプのシャンプー・コンディショナーを使っていますが、髪の毛を洗っている時は「これは良い感じだなぁ」と思っていても、乾かしてみると特に毛先がパサパサで、全体的にまとまらなくなります。かと言って、しっとりタイプのシャンプー・コンディショナーを使うと、やはり洗っている時は良いのですが、乾かすと頭頂部から毛先に向かってペッタリしてしまって、毛先だけパサパサに乾燥してしまいます。しかも、まだペッタリなら良い方で、酷いとベッタリしてしまいます。あまりにも頭皮に密着しているので、「まだ乾いていないのかな?」と思い、ドライヤーで乾かし過ぎたことがありました。見た目はベタベタで油っぽいのに触るとパッサパサという、今までで1番最悪な髪の毛が出来上がりました。年齢以上に老けて見えてしまうので悲しいです。男性用のシャンプーなんて使った日には、玩具の髪の毛にでもなってしまったのかと思うような感触でした。

どうにかキレイにしてみたいと思い、縮毛矯正をするとドライヤーでセットしなくてもキレイにまとまると聞いたので、チャレンジしてみました。確かにまっすぐなんですけど、余計に髪の毛の細さと量の少なさが目立ったように思えました。そして、1番なりたくなかったペッタリとした感じに仕上がってしまいました。誰かにこの悪循環を断ち切る方法を教えてもらいたいです。
ハーブガーデンシャンプーは頭皮環境を整えるて美髪に生まれ変わる

天然パーマほどではありせんが髪の毛にうねりのある癖があり、量も多くまとまりにくいので学生の時は定期的に縮毛矯正をしていました。カラーもして縮毛矯正もしていたので髪の毛の枝毛、パサつきも悩みです。ここ数年は髪の毛をストレートにするよりもコテで巻いていることが多くなったので縮毛矯正をやめてカラーのみにして傷みがひどくならないようにしています。カラーも本当はしないほうが傷まないのもわかりますが、ヘアカラーも楽しみたいのでなるべく色味を頻繁に変えたり全体を染めるのではなく根元のリタッチだけをするようにしています。それでも日常のドライヤーや、コテで巻くことも多いので傷みの悩みは長年です。定期的に美容院に行ってトリートメントをしたり、枝毛をカットしたりして目立たなくなるように気をつけています。美容院に行くたびに傷みがひどくならないようにするコツなどを聞いたり、パサつきにいいしっとりまとまるヘアケア用品などをネットや雑誌で調べたりしています。無意識に暇があると枝毛を探してしまったり、髪の毛がきれいな人をよく見てしまいます。ブリーチをしたりしょっちゅうヘアカラーをしていても髪の毛が傷まない人もいたり、もともとの髪の質によっても違うようなので、自分とは真逆の癖のないさらさらヘアーの人がすごく羨ましいです。自宅で使うシャンプーやトリートメントでも全然仕上がりがちがうので、つい最近自分に合ったケア用品を見つけたので以前よりは髪の傷みも改善された気がします。


ハーブガーデンシャンプーを買う前に読むブログ

髪の毛は非常に硬く、美容師の友人からも一目置かれる髪質を持っています。幼い頃からずっと坊主で、あまり長い髪型を経験したことはありませんでした。小学校の高学年になると髪型への拘りも持つようになり、短めのペタンとした髪型に憧れましたが、いくら髪が伸びても髪の毛はツンツンと立ったままで、ペタンとなるまで相当伸ばす必要がありました。中学校にあがると部活で髪型をあまり伸ばさないよう指示されたので困ったことはありませんでしたが、年齢を重ねるごとにオシャレへの意識が強くなり、当時は男性のロングヘアーも流行っていたので髪を伸ばしたいという欲望が強くなっていきました。高校では髪型の規制はなかったので「ようやく髪を伸ばせる」と喜びました。しかし、ヘアカタログを参考に美容院へ行くと、大抵自分の思った通りの髪型になりません。髪質が硬すぎてクセが強く残ってしまうのです。そのため、柔らかなふわふわとした髪型にカットしてもらっても、思ったようにスタイリングが出来ず、部分によっては髪が総立ちになってしまったり、ワックスでさえ髪を抑えきれない事などがありました。いくつかの髪型を経験した後、自分には長髪は似合わないと思い、再び髪を伸ばしたいという欲が出るまでは短髪でいようと決意しました。そして高校を卒業し社会人になった時です。入社した会社の上司から「お前の髪型はツンツン過ぎて印象が悪い」と言われました。現在は長くも短くもない髪型を維持していますが、なかなか自分の好みの髪型に巡り合えません。

ハーブガーデンシャンプーと科学的なシャンプーとの違い|髪を育てるとは

出産時は得に大きなトラブルもありませんでしたが、私には大きな悩みがあります。それは、出産後まもなくからある尿漏れです。恥ずかしながら、それは6年経った今も時々あります。

出産前は、尿意をもよおしても、我慢できていました。しかし、今は我慢にも程度がありまして、その我慢の感覚が未だに定かでなく、油断をしていると、少し漏れてしまうことがあるのです。

ですから、今は少しでも尿意をもよおすと、以前なら我慢していた程度でも、早めにトイレに行くようにしています。

雑誌やテレビの特集などで、尿漏れについて、目にしていましたので、素人でありながら、出産が原因であることは、わかっていました。

助産師の友人に相談をしたら、次のようなことを教えてもらいました。仰向けに寝転がり、立て膝にして腰やお腹を持ち上げる方法です。けれどお産後は赤ちゃんの世話に手一杯で、教えてもらった体操はほとんどしていませんでした。それを言うと、「トイレで、尿を出している際に、途中で止める、我慢してみる方法もあるよ。」と言われ、それならできるかもと、毎回トイレに行った際にやってみました。

けれど、それは思ったよりはるかに難しく、全然故意に止めることができず、初めは失敗ばかりしていました。

しかし、毎回続けているうちに少し勢いが抑えられたりできていることに気づきました。

目に見えて成果がわかるので、とても取り組みやすかったです。

まだ時々出てしまうことはありますが、何もしていなかったらどうなっていたんだろうと考えてしまいます。



頻尿の悩みトイレが近い中高年の夜間頻尿の対策と改善方法

ニキビに悩むようになったのはまさに思春期真っ盛りの、中学生の時でした。突然おでこに小さなプツプツができて、だんだんと広がり、ほっぺやあごまで広がるようになりました。当時の私は、思春期でありながら、洗顔の大事さに気づいておらず、朝起きてそのまま学校に行くようなだらしのない人間でした。

周りの女子たちもニキビ顔の子が多く、そこまで気にして過ごしてはいなかったのですが、だんだんと成長するにつれて自分の顔の異常さに気づき始めました。

高校生になり、化粧を覚えたのですが、隠すことにばかり気持ちがいって、ファンデーションを厚く重ねたりなど、肌がドンドンと悪い状態になっていきました。

勿論このときも、スキンケアについて正しい情報も得ることなく、洗顔や化粧水についても適当にしていたのでした。

高校を卒業するくらいのときになり、やっとスキンケアの大事さを知りました。メイク落としや洗顔をきちんとするようになり、化粧水もニキビ対応のものに変え、社会人となってからはあまりニキビができることは少なくなりました。

しかし、最近妊娠・出産を経てからというもの、またしてもおでこのニキビが表れ始め、スキンケアに取り組んでもなかなか消えることがなくなってしまいました。

出産で体質が変わるとはよく聞きますが、ニキビがまたできるようになるとは思いもしませんでした。

未だにどうしたら改善ができるのか、治癒ができるのか悩んでおりますが、毎日子育てと仕事で疲れ果てているせいで自分のことは後回しになるばかり。

簡単で安く治療ができればいいのになぁと、思っております。参考サイト:歯が汚い女

社会人になってすぐに、大人ニキビを経験しました。

それまでは、中学生くらいの時に思春期ニキビを少し気にしていたくらいで、高校生くらいで知らないうちに気にならなくなってからは特にニキビとは無縁の生活でした。

社会人になって2ヶ月が経った頃、先輩の急な異動により、その先輩の業務を新人の私が担当することになりました。

身の丈に合わない業務に毎日苦戦していました。

それだけならまだよかったのですが、更衣室で毎日聞かされる同期の愚痴は、私のストレスを限界まで高めたようです。

気がつくと、思春期の時のようなニキビが顔中に出来始めました。

皮膚科に通ったり、化粧品を変えてみたり、色々試しましたがなかなか治りませんでした。

もともと肌の色は白い方なのですが、ニキビのせいで顔全体が赤っぽくなり、なによりもお化粧しても隠しきれないことがとても辛かったです。

久々に会う、高校や大学の友達などからは、とても心配されました。

そんな日々が1年ほど続いたある日、愚痴を言う同期が異動になったのです。

すると、みるみるうちにニキビは治っていき、3ヶ月経った頃にはほとんど目立たないくらいになりました。

今までストレスが身体に出たことなんてなかったので、相当負担だったのだな、と、自分でも驚きでした。

その時のニキビ跡は今でもまだ少し残っていますが、お化粧をすればほとんど目立たないくらいになったので、本当によかったと思っています。

ストレスニキビ、もう体験したくない思い出です。参考サイト:目元ヒアルロン酸

思春期の頃からずっとニキビに悩まされています。

顔面ニキビ面でいたるところに白いニキビが出来るので

自分で見ても気持ち悪く、色んなニキビ薬を試しました。

しかし、どの製品もそんなに効果はなく。

一時マシになってもすぐに増えていきました。

皮膚科にも通っていましたが、イマイチ効果が出ず。

年をとってくるとそれなりに落ち着いては来ましたが、

それでも綺麗な肌とはほど遠いものでした。

年を取ってくると白いニキビから赤いニキビが増えていき、一つ一つが大きくて一つ治るのに数ヵ月もかかりました。

ニキビ跡まみれで顔面は常に赤ら顔。目元ヒアルロン酸

ひどい時は首までニキビが出来る状態でした。

そんな時、たまたま使った化粧水がバッチリと肌に合い

この数年どんだけ頑張っても治らなかったニキビがあっという間になくなり、

肌も綺麗になりました。

とても嬉しくて、少し高いですが今でもその化粧水を使っています。

しかし、顔は良くなったのですが、

首や背中に出来たニキビはいまだに治りません。

腕なんかにもたまに出来ます。

背中もブツブツで水着なんて着れる状態ではなく、

保湿剤を変えてみたり、ボディソープを変えてみたりと色々試してはいるのですが、

なかなか効果があるものに出会う事が出来ません。

とてもかゆくてかきむしってしまい、血が出る事も度々あります。

まだまだニキビとさよなら出来そうにはありません。

日々効果的なものをネットなどで探す生活が続いています。

早く綺麗な体になりたいです。

生理前になるととてもニキビが増えて毎回嫌になってしまいます。ホルモンバランスの関係で肌が荒れてしまって、どうしても気になってしまいます。また生理でないときも、ストレスでとくにほっぺのあたりにすごくできてしまいます。一回できるとなかなか治らないし、場所によっては、本当に目立ってしまいます。

一番ニキビができて嫌な場所は鼻です。本当にたまにしかできることはありませんが、鼻にできると痛いし、とても赤くなってしまいます。鼻のニキビはなぜできるのかわかりませんが、どうしても気になってしまって触ってしまうことがあります。ニキビは触ると手のばい菌でどんどん大きくなってしまいます。鼻のニキビを触って大きくなってしまったときは本当に最悪でした。色が薄くなって治るのもかなりの期間かかってしまいました。化粧をする上でもメイクで隠すのもなかなか大変です。ボコボコした部分はやっぱりカバーするのは結構大変でした。赤みはファンデーションでなんとかなりますが、ボコボコした部分は隠すことができませんでした。

ニキビができたては私の場合は痒くなります。そこでかいてしまって大きくなるというパターンが多いと思います。なんかかゆいと思い、かいていると触っていることになるので大きくなってしまいました。最近は化粧を薄くしたいと思っていて、今はニキビができたときは触らないようにして、すぐに薬を塗るようにしています。薬を塗ることで悪化を防ぐことができるし、肌にもいいことがわかりました。

子宮の定期健診などに引っかかることもなく、至って健康に過ごしてきましたが、三十代半ばにして子宮筋腫が出来ました。

 

 一年に一度とか半年に一度くらいのペースで婦人科の健診を受けていたのですが、ある時婦人科で3.5センチの筋腫が右側の子宮に出来ているわねと医師から告げられました。

 

その前後に自分の母親が卵巣嚢腫の手術を受けていたので、まさかなーとは思いながら、自分も定期健診を受けることにしたのですが、前回の健診を一年前に受けて異常がなかったので、子宮筋腫と告げられた時は、もしかしたら自分も?という思いがありながらも、かなりショックを受けたことを覚えています。

 

 女性であればかなり深刻な気持ちに陥るかと思いますが、やはり筋腫があると妊娠しづらいんじゃないだろうか?

今後どういった影響が身体にあるのだろうか?といった不安がすぐに脳裏をよぎりました。

 

 子宮筋腫が出来る以前から、月経時に血の塊がゴボッと出ることが多く、月経痛も薬を毎月飲まないと仕事に行けない状態だったので、何か異変というかおかしいなという違和感は自分の中にあったと思います。

 

 現在は、子宮筋腫を少しずつでも小さくするため、身体を温める食材を使って料理を作ることや、体質改善のためによもぎ蒸しに通ってみたり、あとはプラセンタエキスの入ったサプリを飲んでみたりもしてます。

 

 身体を温めたり、食事を変えてみたりすることは、根本的な治癒にも繋がると思うのでオススメです。

 

私はこれらの方法を試すことで、筋腫を少し小さくすることに成功しました。

学生の頃から酷い生理痛が年に数回起きることがありました。あんまり体調が良くなかったり、きつい運動とか無理に体を動かした時に生理が重なると酷くなります。動けないくらい痛くなって吐いてしまうこともありました。そういう時は薬を飲んで休めば大体治まります。度々そんなことがあって体が疲れて体力が落ちていると痛くなりやすいというのが分かりました。生理は自分で思っているより体力を使うものなんだと思います。なので生理の時は、始まる数日前から体を休めて無理をしないで乗り切るようにしています。

そんな中、最近また生理痛が重くなってきました。そして出血量が増えてナプキンを取り替える回数が増え、日数が長くなってきたように感じるようになりました。

検査では問題なく年齢によるものかと思っています。生理痛だけでなく年齢を重ねることによる生理自体の変化について考えていかなければならなくなりました。

今までは酷い生理痛が起きないために静かに休んだり、生理痛に良いとされる食べ物を食べたりといった工夫をしていました。

今回の場合は紙ナプキンから布ナプキンに変えてみることを考えています。布ナプキンを使うと生理痛を和らげ出血量も減るそうです。

紙ナプキンは体を冷やすそうで、体を冷やすと出血量が増えることもあるそうです。なので布ナプキンにすることで体温を保ち出血量を減らしたいと考えています。

外出時は心配なので紙ナプキンにして部屋にいるときは布ナプキンを使い、体にいい変化があると分かったら徐々に紙から布へと切り替えていくことにします。

布ナプキンは洗ったり衛生面などでいろいろ問題もあるようだけどまずは実際に試してみて、自分の体の変化を知り折り合いをつけていきたいです。
参考サイト:子宮腺筋症ブログ

MTBlog42c2BetaInner

最近のブログ記事